深呼吸、しんこきゅう。

大きく吸って、大きく吐いて。はい、リセット。

自分を知る事は、誰かを理解すること。

 

 

みなさま、またまた、お久しぶりです。

 

 

5月も終盤。

いよいよむわっと暑い日も増えてきて

夏が近づいているのを感じる今日この頃です。

 

なんだか、今までは感じなかった事を感じています。

夏が近づいて、植物の緑が濃くなっていく感じとか

その緑を照らす日光が少しずつ刺すようなギラギラした

強さに変わっていく感じとか。

改めて四季の移り変わりを見てるような感じがしています。

 

暑いの苦手なのよ。

だから夏も苦手。

でも、夏特有の景色は綺麗で好きかもしれない。

 

なんて思っています。

 

 

 

 

さて、このブログではよく、

「自分を知ること」について書いていたりするけれど、

最近改めて感じた事があったので

ここに書いておこうと思います。

 

 

私は、自分を楽にするために

自分を知る事が大切だと思っているけれど

みなさんはどんな風に感じているんだろう。

 

 

 

私の中で記憶に残っている言葉があります。

 

「自分を知っている分しか、人の事を分かることはできない」

 

と言われた言葉。

 

仮に私が、私自身の事を50%分かっていると思っていたとすれば

私が接する誰かの事も50%しか分からない、という事。

 

 

その時は「そうなのかなあ、、、」ぐらいの感覚で

あんまりしっくりきてなかったんです。

自分に対する理解度と、他者に対する理解度が

比例することがよく分からなかった。

 

でも、じわじわと「どうやらそうみたいだ」と。

 

 

少し自画自賛させていただくと

きっと前より私は私を知っている。

 

 

もし50%から80%まで増えれば、

人を理解できる範囲も増える。

 

そう考えると確かに、

前ほど引っかかる事がなくなったように思うのです。

 

自分では理解できないような事を言われた時、

「え、分からん!!知らん!!!私はこう思うの!!」と

心のどこかで拒否して自分の考えだけを

押し通してた部分が

「んーなるほど。一回持ち帰りますね。」

と、いう風に変わった感じ。

 

 

これは私が私を知って受け入れた分、

人のことも受け入れられるようになった。

 

自分の事を受け入れようともしなかった頃は

人の事も受け入れようとしなかった。

 

 

人を受け入れるということは

自分を受け入れる事。

 

人を否定するという事は

自分を否定しているということ。

 

 

そういうことなんだなあと、急にずんっと心にきたのです。

 

 

 

「自分を知る事」によって得られるものは

私が思うより多いのかもしれない。

 

 

 

 

 

今、「知る」ということ。

 

 

みなさま、ご無沙汰しております。

 

3月も終わり、今日から4月ですね。

普段通りの生活が難しい今ですが、

4月から新しい生活が始まる方もたくさんいらっしゃいますよね。

そんなたくさんの方にとって素晴らしい門出でありますように。

素敵な日々が訪れますように、願っています。

 

 

 

 

私の中での4月のイメージは

明るくきらきらした、それこそ春の陽気のような暖かいもの。

 

ですが今年の4月は、そんなイメージとは全く違う様相になりました。

 

全く初めての経験で、

今の日本という国はとても恵まれた国だったんだなあと

改めて感じました。

 

先人達が闘い、勝ち得てきた現代なんだなと。

 

 

なんだか壮大な事を言いましたが、笑

 

 

今は個人が出来る事をやって過ごすしかないですよね。

現代は物凄く便利で、情報もサービスも山ほどあります。

家の中にいながら、楽しむ方法もたくさんある。

 

 

けれど現代は情報がありすぎて、

何が正しいのか分からなくなる事も多い。

正しい知識というのは自分や大切な人を守るための

最大の防御であり武器です。

 

 

「分からない事=関係ない事」ではないんですよね。

 

 

分からない事は怖いけれど、

怖いから知ろうと思う。

 

正しい情報を見極めるの難しいけど!!!!笑

でも、他人事だと決め込んで見て見ぬふりをしていたら

気付いた時には遅かった、ってなりかねない。

 

遅かった、ってなりたくないから。

 

 

知る。知ろうとする。うん。

 

 

最近のニュースでは、若者の行動についてをよく見ます。

私も若者と言われる年齢です。

 

私の場合、家族に疾患を持っている人がいるから

早い段階からいろいろと自粛していたけれど、

もし家族全員が健康体だったり、

一人暮らしだったら違ったかもしれないと

思ったりもします。

 

けれど、大切な人を守るために、

今起こっていることが他人事ではない事を知って欲しいと

同世代の人間として勝手ながら思っています。

 

 

 

 

お久しぶりの更新がこんな感じで申し訳ないですが、

皆様も、くれぐれもご自愛ください。

 

よく食べて、よく寝て、笑って。

 

少しでも早く普段通りの生活に戻ることを願って。

 

 

 

 

 

 

 

とことん、伝えていこう。そういう所が素敵だ、と。

 

 

皆様、お久しぶりです。 

更新が空いてしまいました。

そして2月がやってまいりましたね。

 

もう2月も折り返しではありますが

新しいひと月です。

 

皆様の1月はどんなひと月だったでしょうか。

どんなひと月だったかに関わらず、ひとまず、お疲れ様でした。

 

2月が、皆様にとって素敵なひと月になりますように。

くれぐれも体調には気を付けてお過ごしくださいませ。

 

 

ここ最近、私が個人的によく考えた事と言えば、

人は思っているよりも自分の事が分からないんだな、ということ。

 

だからこそ、素直に伝えていこうと。

 

それが私の今年のテーマだったりします。

その人の素敵なところをちゃんとその人に伝える。感謝も。

 

 

私の友達。6〜7年ぐらいの付き合いになる友達がいるのだけれど、

私が持っていない部分を沢山持っていて、凄く素敵な人。

 

本当に魅力だらけ。

女の私から見ても、この子モテるやろうな〜と思う。異性からも同性からも。

 

なのにね、最近自信が持てないみたい。

 

 

自信が持てない時って、いくらでも自分の粗探ししちゃうんだよね。

 

「自分のここがだめなんだ」

「こんなんだからこうなったんだ」

 

って。

 

勿体ないなあって思うの。

 

起こった出来事を冷静に分析して、

そして反省出来るという事自体がすごいんだよ。

 

みんながみんな出来るわけじゃないんだから。

 

 

でも私がそれを伝えたとしても、

それは「他者の意見」であって、

彼女自身の自分への評価が変わるわけではない。

 

変わるわけではないけれど、伝えていこうと思う。

私はあなたのこういう所が素敵だと思う、って。

 

 

「他者の意見」でも

積もり積もれば、確実にその人の心に染み付くと思うから。

 

 

中には褒め上手な人や褒められ上手な人もいるけれど

そうじゃない人もきっとたくさんいるよね。

 

彼女はもともと褒め上手で、

人の長所を見られる人。

けれど自分の素敵なところはなかなか気づかない。

 

私は褒められるのも苦手だし

人の事を褒めるのも苦手だったんだけれど、

 

人の素敵なところを認められる事と、

自分の良いところを認められる事、

このどちらも出来たら、相手も自分も気持ちいいじゃん。と

思ったんですよね。

 

 

私が出会ったNLPトレーナーの方は

授業の初めに生徒を円にしてお互いを褒め合う、

という事をしていたのね。

 

これが最初凄く恥ずかしくて、嫌だったんだけれど

回を重ねればこれが不思議と慣れる。笑

 

褒める事にも褒められる事にも慣れる。

 

慣れるというとちょっと良くないか。

 

褒めてもらった事を受け入れられるようになるんだよ。

「嬉しいです、ありがとうございます」って。

 

謙遜とか否定とかじゃなくて、

素直に受け取っていいんだと。

 

そして今思えば、これを授業の最初に行う事で

そのあとの空気感が柔らかくなっていたようにも思う。

 

 

褒め言葉というものは、

言うのも言われるのも気持ちがいいものだと思うのです。

 

人間関係においてこれを使わない手はないよなと

改めて思う今日この頃です。

 

 

それに、大切な人たちへ

恥ずかしがらずに伝える事に意味があると思うから。

 

 

とことん、伝えていこう。

 

 

 

その痛みはきみだけのものだけれど。

 

 

きみが今見ないようにしているその気持ちは

間違いなく、きみの気持ち。

 

無視しようとしたって、ほっといたら出てくるでしょう。

 

 

傷つくことが怖くて、

自分の感情が揺さぶられるのが怖くて、

どうにか平常心でいようとすることは、

もしかすると大人になった証拠かもしれないね。

 

 

無駄に傷つきたくないし、

自分の日常が脅かされるのを避けたい。

 

 

大きく感情が揺れるのを恐れているんじゃないかな。

少なくとも私はそうかもしれない。

 

 

仕事で怒られた後の反省の仕方、

素早く立ち直る術、

失恋においては、ああ、もう無理かもなあって

雰囲気を感じ取ればふられる前に

傷つかないように防御する方法を知ってる。

立ち直り方ももうなんとなく分かる。

 

それだけの経験を積んできた、という事だけれど。

 

もちろん自分を守る術は持ってるに越したことはないよ。

けれど、どうしようもなく溢れる事もあるでしょう?

 

 

傷ついた傷は「時間が解決する」とよく言うけれど、

結局時間の力は大きい。

傷が深ければ深いほどね。

 

今溢れてくる感情を、今一時的に封じ込められても

きみはきっとつらいままだよ。

 

 

その傷が癒えるまで、痛みと闘うのはきみだから。

私はそばにいるけれど、

その痛みを分けてもらうことはできないから。

 

 

今向き合う事がしんどいなら、一旦逃げたっていい。

でも無理やり押し殺すんじゃなくて、

後にしよ、って横に置いとくぐらいにしない?

「ちょーっと今はしんどい無理!後でな!」って。

好きな事して好きな人と会って、

エネルギーが溜まってからでいいから。

 

押し殺したところで、それはなかった事にはならないし、

見て見ぬふりは「つらい。」って言ってる自分を

無視してることになっちゃうと思うからさ。

 

 

それはきみがきみを守るためにそうしているんだろうと

思うし、これまでもきっとそうしてきたんだろう。

 

そんなきみが「つらくないよ」と言うなら

私は何も言わないけれど、言わないけれど、

 

 

きみが向き合おうと思った時、

おこがましいかもしれないけれど

力になりたいと思ってるよ。